ヘアスタイル・ヘアメイク・メイクアップ・ブライダル・ネイル・エステなど本物の美のプロへと導く

学科紹介COURSE

Barber &
Beautician

理容・美容の仕事を実践しながら接客・技術を身につける。

通信部は、学校での面接授業(スクーリング)が年間を通し約15日間。そのスクーリングでは、いろいろな世代の人と知り合うことができ、新しい世界が広がります。日常はサロンに勤務。仕事を覚えながら、技術レッスンとの両立をしながら日本理容美容教育センターによる通信教育を受け、単位を修得していきます。昼間部に比べて在籍期間が1年長いですが、理容・美容の仕事を実践しながら接客・技術を身につけていける課程です。

  • 通信授業(レポート提出)

    日本理容美容教育センターの配本に従って報告課題を提出し、添削指導により単位を修得します。

  • 面接授業(スクーリング)

    養成施設において法律で定められた300時間以上(理容所・美容所の常勤従事者)の面接授業・学科テストを受けることが義務づけられています。

  • 面接授業(スクーリング)の時間数と通信授業(レポート提出)の両方の成績を満たさなければ、国家試験を受験することができません。

Real Voice通信生に聞きました

  • 堀川 右響さん

    理容科の魅力はどんなところ?
    ヘアカットやシェービングなど大切な基本を分かりやすく、出来るようになるまで教えてもらえます。また、技術だけでなくマナー等も学べ、先生方の親しみやすさも魅力です。
    なぜ通信部を選びましたか?
    父が理容師だった事や経営しているサロンのスタッフがイキイキと楽しそうに仕事をしている姿を身近に見てきて、自分もこの環境で学び理容師になりたいと思い通信部を選びました。
    入学を希望する人へ一言
    お店で働きながら教育センターの通信教材によるレポート提出や国家試験に向けての学校のスクーリングなど大変な事も多いですが、夢に向かって頑張りましょう。
  • 藤本 優羽さん

    美容科の魅力はどんなところ?
    美容学生として国家試験に合格して国家資格である美容師免許を取得するという同じ目標や、自分の美容師像に向かって一生懸命頑張る仲間達がたくさんいる環境なので、お互い教え合ったりして一体感があり、自分も刺激を受けながら頑張れるところです。
    なぜ通信部を選びましたか?
    美容室の仕事は「実際に働かないと分からないのでは?」と思い、現場で働きながら美容技術を身に付ける事が自分には合っていると思いました。お給料から自分で学費も払っているので授業を無駄にしたくないという意識も高いと思います。
    入学を希望する人へ一言
    働きながら学校の課題や国家試験の練習など、大変だと思います。でも「美容師になりたい!!」という強い気持ちがあれば大丈夫です! 美容師はお客様の人生に関わることのできる素敵な職業です。諦めずに一歩踏み出しましょう!
  • 入学支援
  • 入学サポート
  • 遠方から入学をお考えの皆様へ

SCHOOLGUIDE2022